「チェルノブイリ 終わりなき人体汚染」を見た

いつもどーり今日の川崎情報から

まず水だが川崎の水道全部で放射性物質未検出
という名の9ベクレル未満

生田浄水場も未検出

大島局のモニタリングポストについても
69.7nGy/h

減った・・・のか?
68台で安定してくれれば減ったと見なせるんだがなぁ

で、今さらながら「チェルノブイリ 終わりなき人体汚染」
っつー番組がUPされたもの?を今更ながら見た

アドは↓
http://www.dailymotion.com/video/xhvz38_yyyyyyy-yyyyyyyyy-1-4_news

他にもUPされてるかもしれないが、Youtubeのは消されたそーな

意外と放射能的なものは生命には影響なさげで
割りと深刻っぽいことがわかった

見てて感じたのは、ホントに影響が出るのには時間がかかるということ
実際にチェルノブイリの事故が起きて
今になってよーやくその結果が分かり出してるって形

今よく言われる、チェルノブイリでの事故の結果
ほとんど人体に影響が出ていない的な報道はある意味間違ってなくて
前の調査の時点では有意な結果が得られていないって意味

今の調査の結果を取りまとめると、多分違う結果になる

具体的に何がどう危険か、なんだが

規制値レベルの飯を飲み食いするくらいじゃ
全く問題ないという論調も間違いではなかったぽい

つまり、五年程度ではハッキリと影響が出てないとゆー結果が今ある
それ以上の10年20年たったらどうなるか、今はまだ誰もわからない

多分影響ある

で、どんな影響か
10000ベクレルクラスの牛乳やら飯やらキノコやらを食ってると
免疫系統が落ちてく模様

ガンになる確率が~とかでいつも判断してたが
ガン化しなくても身体は弱ってくらしい
簡単にゆーと病気になりやすくなる
最終的には白血病になるわけだが

それから脳みそがイカれてくらしい
放射線が細胞とかを壊してっても
人間は細胞どんどん作り直すから問題ない

あんまり強い放射線浴びると
細胞を作り直す機能を壊されるから
規制値を超える放射線を浴びるのは望ましくない

じゃあ脳の神経細胞は?
アレは生まれた時に作られて
成長の段階では増えていかない

つまり、壊れたら治らない

身体に取り込んだ放射性物質は
身体のいろんな場所に住み着く
ヨウ素なら甲状腺
ストロンチウムなら骨
セシウムなら筋肉

って具合に

どーやって移動する?
血液に混ざって血流に乗って移動する

当然脳にも行く

とどまらないから影響は少ない
だけど確実に脳が破壊されていく

継続的に取り込んでいれば
着実に少しづつ身体が弱ってく

って感じの内容でした

まぁ石棺作った作業員や、日本でゆーところの
福島とかに住んで地元の野菜や牛乳摂取しまくって
何年か後に、よーやく効果が出始めるくらいな模様

食生活気をつけてればそれほど問題ないかもね

後ガンになる理由は全て放射線が原因!って理論もあるらしい
あってるか間違ってるかは知らないけどな

自分の身は自分で守らないとネ