円山動物園のオオカミ、キナコが亡くなりました

動物の話です

私動物は好きです、動物園も、あるモノは利用する人なので行きます
動物園に行く、という行動も比較的好きな部類に入ります
しかしながら、実は「動物園」という存在は嫌いです

さて、動物園とは何かっていうのをアンサイクロペディアから引用

————————————————————————————————————–
動物園(どうぶつえん)とは、世界のほとんどの国で公認されている強制収容所の一種である。
実際の自然から隔離してどうぶつを飼い殺しにする、啓蒙をかねた娯楽施設。
————————————————————————————————————–

ただまぁ、別に動物園を失くせーとか
動物がカワイソウーとか、そーゆー意見はカケラも持ってません
そんな私の価値観について、ちょっと落書きさせて頂きますネ

【オオカミのキナコ死ぬ…金網越し、家族にかまれ】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130110-OYT1T00719.htm

経緯を端的に書いてみます

・キナコ(12歳)は足腰が弱くなっていた(多分年齢的なモノ)
・家族とじゃれ合っていて首を負傷し昨年3月より舎内のサブ放飼場で飼育していた
・今月の8日、金網越しに両前足を噛まれ失血死した

あくまで個人的な意見ですけど
今回のこの話って、キナコという固体が老衰死した、ってだけの話ですよね?

オオカミってゆー群れは順位制です
最上位から順にアルファ、ベータと呼びまして
最下位の個体をオメガと呼ばれます、苛められ役ですね

群れの苛めに耐えられない程衰弱した固体が、群れに混じってるコトは
群れとしての存続に関わるコトなので、自然的に排除された、って話でしょう
つまり「老衰死」です

解釈の内容に差はあれど、飼育員の方がこんな程度のコト知らんワケないので
年齢で弱りだした時に、もうこの事態は自然の流れとして推測済みだったと思われます
ところが、今回の報道を見ますと、副園長がこんなコト言ってます

影山雄一副園長
「じゃれるうちに興奮してエスカレートしてしまったのでは。
こういう事態になるのは予想できなかった。大変残念だ」

えーーー、予想できなかったの!?
そんなのが副園長とかやってて大丈夫ですか?

ところでここでちょいと、オオカミ的に一番いい環境ってのを考えてみます
まぁ人間が考えるコトですから、ホントに彼等的にどうかは知りませんけど
あくまで私の自己満足的な推測なので、適当に勘弁してくださいませ

まず、一番何も考えずにベストな環境は
普通に動物園などに入らず、野山で普通に暮らすコトでしょう
根本の考え方としては、自然のまま、あるがまま、ってヤツです

次に、動物園においで頂いた彼等に対して
少しでもマシな環境を用意しよう、と考えた場合どうなるか

元の考えに照らすなら、動物園という檻の中に居つつも
出来るだけ元と同じような環境を用意することですよね?

そんな考えを、今回のオオカミの話にあてはめて考えますと
「サブ放飼場で飼育」というのが、そもそも私としては反対かな
一緒に暮らしてれば、キナコ(オメガ)が怪我するのは当然のことですもん

隔離処理が、飼育員の判断によるものなのか
それとも「観客達の可哀想」とかゆー声(圧力)に対する対応なのか
或いは、今回のことすら予想できなかったような副園長等の指示なのか

その辺りもわからんので言及しづらいですけどね

とゆーことで、動物園の方たちの管理について
いろんな意見が出てるようですけど
私としては、別にこのままでいいんじゃねーかなぁ、と思いますよ

あくまでも私の個人的意見ですが
群れの仲間にかじられて死んだ今回のキナコさん
人間で言うなら、老衰による畳の上での大往生だと思ってます

偏食させられたことによってとか、精神的に病んでとかの、いわゆる病死じゃねーですし
外傷で見目が悪くなったことでの殺処分でもないですし
来園者がビニール食わせて窒息したとかの事故死でもない

考えうる中で、もっとも元の環境に近い
いわゆる自然的な死に方だったとは思いませんか?

円山動物園では、今回の件を受けて
「今後このような事故が二度と起きないよう、今年度中にサブ放飼場を改修することを検討します」
と言ってます

改修しちゃっていいのかなぁ?
もし、改修しちゃって、弱った固体を隔離したら
それが彼等にとっての幸せに繋がるんだろうか?

くどいよーですが、私が持つ人間的な価値観では
オオカミ等の「幸せ」なんぞは全くわかりませんので
その判断は「元の自然に近いかどうか」で私は考えてます

確かに、完全に隔離してしまえば、今回のようなコトは起きないでしょう
キナコももっと「長生き」することになったでしょう
でも「長生きすること」って幸せとは違いますよね?

今回のキナコの死が仲間に与えた影響考えてみます

・若い固体に、ドコまでやれば死ぬ(致命的な怪我になる)のかを身をもって教えた
・老衰した固体が、ドコまで弱ると群れから放逐されるのかを教えた
・苛められるというオメガとしての役割として、群れ全体のストレスを軽減した

死に対して意味を求めるのは、人間特有の無駄な想いかもしれませんが
それでもキナコの死は、群れに対して意味があったと私は思います

もしコレが、完全に隔離してキナコが長生きして、そのまま別の要因で死んだ場合
その死は一体どんなものなのか、皆さんはどう思いますか?

私の考え方ですと、死ぬのは生命活動が停止した時じゃないです
この場合だと、隔離された瞬間こそが、オオカミとしての死なんだと思います

私がいつも原発関係の記事とかで書いてることなんですが
「健康で幸せに生きて欲しい」と私は思いますが
「長生きして欲しい」とかは、別に全然思ってないんですよ

汚染された地域からさっさと移住して欲しいとは思いますが
汚染されたことを覚悟の上で、その汚染地域でしか出来ないコトをやるために
そーゆー地域で頑張る人は、私の中では有りです、むしろ尊敬します

オオカミにとっての幸せ、てのが何かはわからんですが
それでも、今回のこのキナコの件は
管理不行き届きによる事故、とかなんかじゃなく

動物園という区切られた空間の中で
オオカミとしてやれることの全てをやり通して
最後まで群れに貢献したんですから

夢の中かなんかで
膝の上にキナコ乗せて

「偉いね、ちゃんと最後まで頑張ったね」
って言いながら頭撫でて見送ってあげる

そんな話だと、私は思います

コメント

  1. オレンジ より:

    うーん、私は今回はkurahasiさんの意見に同意できないな。
    もしこれが自然界の話だったら、私はkurahasiさんに同意しますし、キナコを可哀想だとは思わないでしょう。
    でも、キナコは動物園で死んでしまった。
    キナコは動物園で生まれ、一度も自然界を経験していない。野生ではないのです。ペットです。人間の庇護がなければ生きられません。生まれたときから動物園で生き、動物園で死ぬことが運命付けられたオオカミです。
    それが良いか、悪いか、あるいは幸せか不幸かは置いておいて。
    例えば出産後育児をしない母動物って時々います。
    動物園では出産は24時間モニターで監視し、もし母親が子育てをしないようならすぐに人工飼育に切り替えます。
    なぜか?
    放っておくと赤ちゃんが死ぬからです。
    動物園は人間が人間のために動物を飼っている施設。生きて自然界に帰ることは基本的に不可能。(交通事故で短期の治療のためとかは除く。)
    だから動物園の動物の命はギリギリまで守られなければならず、死ぬまで誠心誠意面倒を見て、看取るというのが人間のつとめだと思う。
    動物園は自然界にはなれない。
    どんなに自然界に近づけた展示をしても所詮は人工的な空間。
    どこまでも続くジャンブルもなければ、スコールもない。風の香りもしない。
    金網で遮蔽された向こう側には人間たちが見てる。
    その向こうにはコンクリートの建物が見える。
    副園長さんが言った。
    「こういう事態になるのは予想できなかった。大変残念だ」
    猛省してほしい。
    キナコの死は人間による過失死。老衰じゃない。
    と私は思ってる。

  2. ファニー より:

    悲しいですね。
    北海道のオオカミは人間にすべて殺されてしまったのですよね。
    家畜を襲うから仕方ない、その家畜を私は買って食べている。
    人間が一番悪いですね。
    私もキナコは最後まで守って欲しかった。
    オオカミは家族愛が強い動物だそうです。3人息子も自然の中で運動量も十分だったらじゃれてお母さんを怪我させたり、ましてや殺すような事はなかったでしょう。動物園という場所は動物に不自然な環境を強いているのですから、不自然な過保護も必要だと思います。
    うちのスタッフさんがキナコのファミリーなのですが、「誕生日会はするのに当人が亡くなって説明会も何も一切ないのはおかしい

  3. ファニー より:

    (すみません、ミスで切れてしまいました)
    と、息巻いてました」(キナコちゃんの年会費を最近更新して支払ったばかりらしいです)
    「予測出来なかった」って・・・東電のいい訳を思い出させて仕方ありません。
    そういえば思い出しましたが、昔、円山動物園のニホンザルが増えたので「動物実験施設に送ろうか」ということになったそうです!!!結局、市民の反対で立ち消えになったとか。すごい動物園ですよね。あーもう嫌いになりそうで嫌だ。

  4. 74 より:

    このblogを読んでいて、私が思った事
    仲間をいじめてストレス発散?
    自分より弱いとわかっている自分と同じ姿の生き物を殺してしか、生存競争の中で安心感を得られないなら、オオカミという品種は、ほっといても、滅びますよ
    根性が臆病者だから
    肉食の生物のくせに、なんという体たらく
    自分が強いと再確認するために、自分より強い生物を狙わない、弱腰で守りに入るような、生物は、ほっといても、死ぬ
    ただし、私たちは、シャチみたいに、クジラの呼吸を邪魔して、殺すポリシーは嫌いだけど、オオカミより、いくらかまし
    とにかく、私は、群れで生きる生物や順位うんぬんという、欲求不満の野蛮生物の美学には、賛同しかねます
    動物園なら、完全に隔離するべきだった
    ただし、私は、オオカミが嫌いだから、絶滅してほしいですが

  5. るるん より:

    狼な話題はスルーできない(笑)
    動物に対しての意見は色々ですよね~。
    うちは47%狼犬がいたのでちょっと意見をば。
    47%ですが近い所に狼(ジーチャンかバーチャン)がいたのでかなり狼よりでした。
    彼らは群れから離されるのを極端に嫌います。
    家族で北海道へ結婚式で3泊4日。
    腰の悪い婆ちゃんと犬は留守番だったので、
    週に1度顔を出したり散歩行ってくれてる義理の姉に世話を頼みました。
    1日目:変わらず。義理の姉に散歩してもらってご機嫌
    2日目:群れに完璧置いてかれたので落ち込んでトラックの下からなかなか出てこない。引っ張り出して散歩行ってくれましたがトボトボ。
    3日目:捨てられたと勘違い?凶暴化。義理姉に唸りかかる。引っ張り出そうとしたら攻撃されてちょっと噛まれたらしい;;; ご飯も食べず。
    てな感じですね。
    狼は長く人間の友だった犬とは違うんだな、と思ったエピソードです。
    動物ホテルとかに預けてたら死んじゃったかも、なんて家族で話してました。
    もちろん、義理の姉から立ち向かった武勇伝を数時間聞いてあげましたよ!^^
    つまりはどこで生まれようがDNAに刻み込まれた野生の血は消えないのです。
    確かに残酷ですが、私は群れから隔離したのは間違いだったと思います。
    が、
    人それぞれ意見があって当たり前。正解は無くなったキナコのみぞ知る。
    死んじゃう前に会いに行けばよかったなぁ~残念(><

  6. るるん より:

    荒らすつもりはないけど、
    74さん>人間も群れる生き物です。順位気にします。
    人が集まると誰かの悪口必ずでます。いつの時代もイジメは無くなりません。自分より弱い生き物を殺して食べます。そして欲求不満だらけ~w
    人間が一番野蛮なんでしょうね。

  7. ももな より:

    さすがkurahasiさんは博学ですね
    私は動物園行くと狭い所に入れられてなんだかかわいそうと思って心底楽しめなかったり…
    ライオンとかストレスで檻の中ずっとぐるぐる回っていたりするのを見ると あ~…とテンション下がったり
    ホントはもっと観察して楽しめばいいのですが、性格的に無理なんだなぁといつも思います
    究極は蟹を食べに行ったお店でテーブルの真ん中に大きな生け簀があって 蟹が私の所に来てガラス越しに手足をバタバタさせているのをずーっと見てたら…かわいそうやっぱり海に帰りたいんだと思ってしまう程w
    病気レベルかもしれないです
    キナコちゃんについてはkurahasiさんの深い愛情を感じます
    私もキナコちゃんは自分の使命を果たして何の悔いもなく旅立っていったんだろうなって思います
    限られた環境の中で精一杯頑張ったんだねっ良かったね良かったねって言ってあげたいです 決してキナコちゃんはかわいそうな死ではなかったです
    ですが…動物園の動物は基本人間が守ってあげて欲しいです。たとえ自然界的な死を迎えられなかったとしても動物園の中でまた違う意味のある死を迎えられるのではと。。
    長生きして欲しいのは人間の究極のエゴかもしれないですが…

  8. kurahasi より:

    皆さんいろんな意見があるようです
    正解なんてのは彼等にしかわからんのでどうこう言うコトでもないですけどね
    今回のこと、私ちょっと疑問に思うコトあるんですよ
    網で仕切った別場所に隔離されてから、以前にも耳噛まれたとかあったらしーです
    んで、今回は足を噛まれたんですよね?
    私は痛いの嫌いな人なので
    もし、私を傷つける人と同じ檻に入れられて
    網で行き来が出来ないようにされたとしたら
    そもそも網に近づきやしないと思うんですよね
    網の写真見ましたが、アレで足を噛まれる為には
    キナコ自身が網の隙間から、目一杯足を突き出す必要がある気がします
    耳を齧られる為には、網に精一杯頭を押しつけないと無理でしょう
    傷つけることが出来ないようにする、ということは
    触れ合うことが出来ないようにする、のと同義です
    どっちが彼等にとって幸せなこと、或いはツライことなんでしょうね
    本当の答えは私にはわかりません
    こっから蛇足
    ・・・まぁわかった所で問題は更に紛糾するだけなんですけどね
    彼等と会話出来る翻訳機が出来たとします
    そうなったら、彼等は我々になんて言うんでしょうね?

  9. のっち(pw126226179129.32.tss.panda-world.ne.jp) より:

    じゃああなたが原発事故で危険に晒されてるとこで、生活しなよ。
    偉いってんならさぁ。
    キナコのことも、事実も知らんと、よくゆーよ。

  10. 桜島ちゃん より:

    円山動物園は保育園の頃や高校の遠足で行きました。
    あの動物園は北大の実験施設だと認識してました。
    北大の獣医学部は優秀らしいですから。
    動物園は学術研究の為の施設でもあるので、今回のキナコおばーちゃんの死も研究の1つで、次はまた別のやり方で飼育動物の死を研究するんだと思います。
    昨日は返信ありがとうございました(*^^*)

  11. kurahasi より:

    実験施設とゆーと金切り声上げる団体の方も世の中には居らっしゃるので
    言葉をちょっと柔らかくして研究施設とかゆー方がいいらしいです
    言葉変えても同じだと思うんですけどねー
    コメント類は全部見てますヨー
    気が向いた時に、好きな記事へ適当に呟いてOKでーす