ダンボール本箱の作り方 / よーやく本類をダンボールから救出

引越しした時に、ペットボトルのダンボールに本詰めました。
読むときはダンボールから出して、また仕舞ってを繰り返し。
コレだと奥の方の本を取り出す気になれません。

そんなワケで、奥の本も救出すべく、本棚を作ることにしました。
何せ本が大量にありまして、普通に本棚買うと高いんですよ。
全部収納するのにいくらかかるやら。

用意するのはペットボトルが入ってたダンボール箱。
コカコーラとかの1.5Lタイプのヤツが一番オススメです。
アレって高さがちょうどコミックスサイズなんですよね。

今回は普通の2Lタイプしかないので、コレで作ります。
やり方は簡単、上下をガムテープで塞いで真ん中で切る。
画像右側のを、中央からカッターで切ったのが左のですね。

半分に切ったダンボールをガムテープで張り合わせます。
ハイ、これで完成、超お手軽本棚の出来上がり。
高さはお好みで調節してください、3~4段くらいがいいと思います。

あんまり高くすると手前にしなるので気をつけたほーがいいかと。
今回ウチでは3段に積むことにしました。

完成図がこんな感じ。
いや部屋の片付け的にはぜんぜん未完成ですけどね。
本棚的にはこんな感じですよーってイメージがつくかなぁと。

ダンボール本棚の利点は、安い、作るの簡単、邪魔になったら捨てるの簡単。
それに床を傷つけません、移動も引っ張るだけ、いろいろ素晴らしいモノです。
部屋が広いなら縦4に積んで、横に2繋げ、それを2つ背中同士で張り合わせるとか出来ます。

ちょっとした図書館風味な感じになりまっせ。
本が沢山あってコスパ最強な本棚求めるならコレが最適解だと思います。
是非どうぞー。

コメント

  1. remi より:

    お久しぶりです。
    本とか漫画ってほんとにすぐ溜まっちゃいますよね。
    うちも同じなのでわかります。
    本棚買うのも地震でもあるかと思うとなかなかね。
    最近思い切ってもう読まないと判断した本を売ることにしました。
    そちらはずいぶん暖かくなりましたか?

  2. kurahasi より:

    ダンボール本棚おすすめー
    捨てるのも楽ですし、地震で倒れても怪我しない高さです
    火事にはめっちゃ弱いですけどね!

    先週の中ごろに吹雪いたりもしましたけど大分暖かくなりました
    そろそろアスファルトの上の雪はほとんど溶けたんじゃないかな?
    土の上とかで影の時間が長いとこの雪はもう少し残りそうですけどねー