ヒラメの捌き方 / ヒラメのキモ和えに挑戦です

前回は鯛の無残な姿を晒してしまったので
捌きやすいヒラメさんの捌き方説明とかして名誉挽回よ!
本当に簡単なので是非是非挑戦PLZ

IMG_0097

まずヒラメさんを買ってきます
当然だけどお刺身用でお願いしますね!
それとアニサキスさんには注意よ

IMG_0101

まず頭を外してキモを確保します
いわゆるレバーですね
こいつは潰れ易いので注意

切る場所はヒレよりも頭側
そんで腹側切るとキモ崩れやすいので
背中側から少しづつ切ってくのオススメ

まぁ失敗したらキモは諦めましょう

残りの内臓は手で引っ張ればすぐ取れます
じゃかじゃか水で洗って綺麗にしちゃいましょう

IMG_0102

はい、綺麗に取れました
日本酒につけて臭み抜きしときます
ついでに寄生虫炙り出しの効果もあるのかな?

IMG_0103

いよいよヒラメさんを捌きにかかります
白い側でも黒い側でもどっちでもいいですが
ど真ん中にズバーっと切り込みを

IMG_0104

続いて背びれとか腹びれの境目辺りに切れ目をズバーっと
コレやっとくとエンガワを綺麗に外しやすいです

IMG_0106

ど真ん中に入れた切れ目から包丁を差込み
少しづつ引っかくように骨から身を外していきます
一気にやろうとしたらダメ、少しづつ少しづつよ

あ、包丁って言ったけど私はナイフでやってます
チラっと左上に写ってるのがソレですね
どっちでもやり易さに大差ないので好みで適当にどうぞ

IMG_0107

切れ込みのおかげでエンガワさんが綺麗に取れましたー
小さいヒラメさんだったから、それほど食べるトコないですけどね

IMG_0108

こんな感じのことを4回繰り返します
5枚下ろしってヤツですね
ヒラメで3枚下ろしはやったことない
きっとプロの技なのだろう

IMG_0109

皮の外し方ですが、シッポ側の皮を掴んで
身との間に包丁差し込んでぐりぐり外します
割と力任せにやってる

IMG_0110

昆布をパキパキ割って身に載せます
昆布は洗っちゃダメなんだそーな
出汁がすぐ流れちゃうんですって

IMG_0111

挟み込みます
後は塩を少し振るんですが
上手にやるには職人の熟練した技が必要みたい

我々素人は簡単な方法で行きましょう
小皿に塩少し入れて水で溶かします
それをペチペチ身に塗ったくります

この方法なら味にムラが出ることないので楽

 

IMG_0117

20分くらい置いとけば完成です
でも私は1時間くらいやってるかな?
風呂前に準備して、風呂って出るとそんくらいなのだ

あんまり細かい時間は気にしなくていいと思う
ビニールで包んで漬けた時は翌日とかに食べたしね

写真左の醤油皿に入ってるのがキモ醤油です
キモ和えつったのに和えてないですねゴメンナサイ
本当はヒラメの胃とかと和えるみたいなのです

まぁでもキモの醤油和えでも別にいいよね!

今回は白い側を昆布締めにして
黒い側は焼いて頂きました
皆さんもレッツトライ!