美味しいローストビーフっぽい何かの作り方

干し肉シリーズです。
基本的な作り方は前のまんまだけど一点やり方変えたらローストビーフっぽいのが出来た。
自給自足的生活の準備35 ~干し肉の作り方完成版~

一応大雑把なおさらい。
今までの作り方は、肉を醤油+ワインで漬ける、沸騰した湯に放り込む、
切って食べる、或いは干して食べる。

今回はどの工程が違うかっつーと、湯に沈めて火が通った肉を切らないこと。
切っちゃダメですね。肉汁が外に出ちゃいます。

切らずにそのまま冷やすのもダメっぽい。
これもやっぱりじわじわと肉汁外に出ちゃう。
んじゃどーするか。アレですよ干すんですよ切らずに丸ごと。

IMG_0048

肉の塊のまま干せば良かったんだ!
大体6~12時間くらい干すといい感じになります。
あんまり干し過ぎると外側硬くなって切りにくいです。

ちなみに左側は干してそろそろ2年になる鶏肉ですね。

IMG_0050

で、干して切ったのがコレ。
肉のしっとり感が全然違いました。
外食とかで出てくるローストビーフの食感のよーになりました。

言葉にしづらいんだけど、しっとりサクサクって感じ。
肉なのにサクサクって言い方もアレだけどね。
作り方変えると、味もこんなに変わるもんなのね。

まだまだいろいろ研究の余地ありそうです。
これ以上はないってくらい完成度が高まったら、
また改めて作り方詳細纏めますねー。