文旦(ぶんたん)とゆー名前の柑橘系フルーツに挑戦

文旦とゆー名前は初耳でしたが、要はザボンのことらしいです。
ザボンなら聞いたことがある、そして食べたこともあるよーな気もしなくもない。
でもまぁあんまり覚えてないし初挑戦ってことでー。

IMG_0092

前回のリンゴの世界一でのサイズ問題を考慮して撮影場所を決めてみた。
稲が乗ってる3段ボックスをサイズ比較系の固定撮影場所にしよーかなーと思います。
こーすれば他の写真撮っても比較しやすいよねきっと。

IMG_0093

外側の皮をサリサリ切ってこんな状態。
ところでこの子400円とかしたの。
高いなーとか思ってちょっと考えて、やっぱ安いなーって思った。

とゆーのもね。他の野菜類がやたら高いのよ今。
ナスとかピーマンとかがふつーに200~300円とかしやがるのよね。
そう考えたらこのサイズの果物400円はそんな高くないよーな気がしました。

錯覚かのぅ。

IMG_0094

大きめの柑橘系のいいとこは、身を潰さずに内側の皮から剥がせることですね。
私は梅干とか酢の酸味は好きだけど、果物の酸味は苦手だったりします。
なので、粒を潰さずに食べられる果物のほーが割りと好み。

なかなか美味しゅー御座いました。
あ、産地書き忘れてた。北海道産とかじゃないです、鹿児島産ね。
さすがに北の大地ではコレ系の果物は厳しい模様です。

コメント

  1. 桜島ちゃん より:

    私も今日、食べました(笑)
    同僚の自宅の庭に落ちていたものです(笑)
    かなり力がないと粒まで到達できないですよね(^^;
    美味しいけど、手間のかかる果物ですな!

  2. kurahasi より:

    庭とかに落ちてるのか南国すげぇ
    こっちはまだ氷点下なので果物外に出しておくと凍りマス
    南の国パワー恐るべし

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。