自給自足的生活の準備10 ~糒の作り方前編 玄米を炊く~

カテゴリが自給自足と何がどう関係あるのか
私もさっぱりな感じになってきましたが
ある程度記事がたまってから考えるとします

今回作ってみたのは保存食品の糒(ホシイ,ホシイイ)と呼ばれるモノです
干し飯、乾飯、アルファ化米とか、いろいろ呼ばれるようですが
要はアレです、服とかにくっついて乾燥した透明の米粒

なので作り方も何もなくて
適当に米炊いて乾燥させりゃ作れます
今回使うのはこの玄米

IMG_0128

北海道産ななつぼし100%
農薬とか化学肥料使ってない玄米らしーです
糒の材料は、普通の白米でも玄米でももち米でもなんでもOK

今回は保存食を作るって目的なので
栄養素が高そうな玄米を採用

ただ、栄養分多いってことは農薬とかも溜め込むってコトなので
そーゆーのをなるべく使ってなさそうな玄米を選択しました
自分で玄米とか炊くのは初めての経験なのでちょっとワクワク

IMG_0130

さて、分量とかわからん
とりあえず3合程炊いてみることにします

糒の作り方いろいろ検索してみたんですが
蒸せって書いてあったり炊けって書いてあったり
なんか釜使えだとか、フライパンだとか、炊飯器だとか

そりゃもういろんなやり方でやってらっしゃるようです
なんでもいいってことだなOK把握した
大事なのは水を吸わせて熱を通せってコトのようだ

IMG_0131

執拗に米を研ぎます
それもかなり力込めてゴリゴリと

新米や白米はコレやるとNGです
米が壊れちゃいます

古米とか玄米は、水吸収しづらいので
表面を削るつもりでガリガリやってOKです
むしろ、表面に傷つけないと水が吸収されません

研ぎ汁とかさほど汚れないのですが
それでも完全に水が透明になるまで研ぎました
といっても5回くらいかな?

そしたら一晩水につけて放置します

IMG_0141

変わった・・・?

白米なら30分も水につけとけば
ちょっと見ただけで明確にスゲー違うんですけどね
玄米だとそれほどの変化が見られません

その辺りの詳細知りたい人は「生米を食べてみた」の記事参照
http://kurahasi.ldblog.jp/archives/post-51816068.html

この一晩つけた水を捨てて、もう一度軽く研いでから炊きます
なんかね、アクが出てました
アクってのは結局は毒です

あんまりアク抜きしすぎると栄養分も抜けると言われてますが
白米と比較して栄養素豊富な玄米様ですし
多少抜けたって気にしないさー、ってノリでやります

炊く時の玄米の水の分量とかなんですが
最近の炊飯器だと、玄米用のメモリがついてるらしいですね
ウチの10年モノの炊飯器はそんなの当然ついてないので適当にいきます

こちらも検索してみたんですが
○合の米に対して○合の水だとか
いろいろな記述あったけど、微妙にバラバラでした

白米でも、新米と古米で水の量違いますもんね
つまり玄米は古米のノリでやればいいわけです
大雑把に水の量が1.5倍くらいでいいとかなんとか

今回は、炊飯器のラインでゆーと白米3.5合くらいの場所に水合わせました
コレで1.5倍量なのかどーかは不明
なるよーになるさー

IMG_0142

上手に炊けましたー

つまんでみます
普通に玄米の飯でした
(自分で作ったことはないが食ったことはある)

そいじゃコイツを洗います

IMG_0143

ヌメリを取るために洗うのだそーです
コレやらんと乾燥させた時にくっつきまくって
大変なコトになるとかなんとか

米が崩れないよーに
水につけて軽くかき混ぜるよーに洗います
するとですね、出るわ出るわ凄い量の「油」

さて、上の写真は実はですね
炊いた米の半分の量でした
洗ったVerと洗わないVer両方やろうと思ってたんです

なのですが、出てくる研ぎ汁のよーな何かと
微妙に浮いてくる油にゲンナリしまして
炊いた米、全部洗うことにしました

言うまでもないですが、以下の写真は全て、炊いた後の米です

IMG_0144

IMG_0145

IMG_0146

汚れなんだか栄養分なんだか
その辺はさっぱりわからんですが
不明な白い何かが大量に分離してるのがわかります

何回研いだか覚えてないんですが
水が完全に透明になるまで洗いました
方法としては、水入れっぱなしでシャモジでゆっくりかき混ぜる感じです

なので、上の3枚の写真についても
1回づつ研いだ写真とゆーより
色が薄まる度に撮ったって感じなモノになります

IMG_0148

洗い終わって水切った状態
今度はコレを乾燥させていきます
天日で3日とか5日ってゆーのが一般的らしいです

私は外で干すつもりは毛頭ないので
部屋内乾燥でGOですよ~
次回乾燥編です