風の読み方についてPart1

風の読み方つってもナウシカ的なモノじゃないです
なのでパラグライダーとかメーヴェとかフラップターとか
そーゆーのにお乗りの方は引き取りください

ついでに株とか先物取引とかも関係ないです
そんじゃ何の風の話かってことになりますが
まずはコチラをご覧ください

地上の風

これ昨日の地上の風向きです
福島沖から内陸に向かって風が吹いてます
その後、風は北上して北海道に向かってますね

んでまぁ、こんな風向きなので札幌に住んでる我々としては
それなりに気をつけた方がいいのだろうか、って話になりますが
皆さんはどう思われますか?

とゆーよーなコトを、ちょっといろいろ考えつつ
一緒に風のことをお勉強してみましょうか
あ、ちなみに風向きはココで見てます私
http://earth.nullschool.net/

さてさて、まずは風速から考えましょう
皆さんは風速10mって聞いてイメージつきます?
台風の時に風速40mとかよく聞くから弱そうに感じませんか?

いえいえ風速10mは相当強いです

名称 風力 秒速(m/s) 状態
無風 0 0.0-1.4 煙が真直に上る
軟風 1 1.5-3.4 風のあることを感じる
和風 2 3.5-5.9 樹木の葉を動かす
疾風 3 6.0-9.9 樹木の小枝を動かす
強風 4 10.0-14.9 樹木の大枝を動かす
烈風 5 15.0-28.9 樹木の幹を動かす
颶風 6 29.0以上 樹木や家を倒す

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E9%80%9F

風速10mは樹木の大枝を動かすそうな
大枝ってあいまいな表現ですけど
人が乗っても余裕なサイズのモノと考えればいいです

そんなワケで、平常時に風速10mの風が吹き続けるなんて
そうそうあることじゃないですが、この速力を使って計算してみましょう
風速は秒速なので、秒速10m=分速600m=時速36000m=時速36km

はい、時速36kmです

一般的なママチャリで必死にこぐと
多分そんくらいの速度が出ますので
風速10mを肌で感じたい人はどうぞ

さてさて福島原発から札幌までの距離は629kmなので
風速10mの風が届くには大体17時間かかる計算になります

あくまでコレは、風が全く弱まらず且つ一直線に札幌に向かった場合の計算になります
よって実際にはもっと時間がかかります
粒子自体は風より進みが遅いですしね

とゆーことで、福島からの放射性物質を気にする場合
昨日の風が微妙だったならば、気にするのは計算上今日になります

20150127

今日の風はこんな感じになってます
思いっきり沖に流れて北上してますな
計算上最速で向かってきたとしても、とりあえず札幌大丈夫そうです

実際どんくらいで届くかって話はもちょっと複雑です

福島原発が爆発したのが12日
そっから224kmの東京に放射性プルームでしたっけ?が届いたのが
爆発してから3日後の15日だったかと思います

そんなワケで、今日の風見るのも微妙な感じなんですよね
まぁ気になるならマスクしてもいいかとは思いますが
私はあんまり気にならないかなぁ

とゆーのが、まず一つ目のポイント「距離と時間」でした
ある程度離れた場所に移住しちゃった人については
あんまり風向きがどうこうって気にしなくてもいいと思います

近場に住んでる場合と、何かが起きた時くらいでいいんじゃないですかね?
特に北海道の場合は冬場はほとんど心配無用だと思うなぁ私