移住準備03 ~引越方法選定(格安引越方法)~

移住の意思を決めて移住先も決めた、とすると
次にやることなんだが・・・

一般的には移動先の仕事を決めたり
移動先の住処を決めたりするのだろうと思う

なのだが

引っ越し費用は出来るだけ抑えたい
特に、家を決めるだけで北海道行って帰ってくれば
それだけで5万くらいすっ飛びそうだしな

とゆーワケで荷物は一旦実家に送付して
札幌へ飛んでからいろいろ決めて
後で荷物送付して頂くことにした

実家が使えない人の場合は
トランクルームを借りるのが良いかと思う

移住先のトランクルームへ日付指定で荷物送付して
到着日に現地入り、荷物受け取って保管
家を探して入居、保管所から家で家具移動

等々、いろいろ検討してみたが
ここらへんの案は、引っ越し費用自体が
自分の往復+宿泊料金より安くないと実現出来ない

つまり、札幌へ飛行機で飛んで5泊くらいして家探して
戻ってくるのに費用が5万かかるとする
で、その後更に引越自体の費用が発生

としたら、上記のトランクルーム案だと
借りた場所の月の保管が1万
トランクルームへの移動+そこから家への再移動で
一回の移動当たり4万以内に抑えれば確実に得になるって計算ね

ただ、今更な話だけど
コレは全て単身引越で荷物をかなり減らした場合の話
引越の荷物が押入れ上下あわせてピッタリくらいの量の場合

それ以上荷物がある方は
荷物を減らすか
リッチなプランでお金を消費した方が無難

【引越プラン】

まず引越費用を抑える方法なんだが
最初に2つのパターンに分けてみる

一つ目はその日にトラックに積み込んで移動して荷下ろしする引越
二つ目は荷物だけボーンと送付して、その日に届かない宅配便的引越

前者は時間が無い方が使う方法
とにかく金かかる

引越業者の方も、行きの分はいいが
帰りになんか荷物積んで帰ってこないと
片道分損する計算になるので

引越したい側の日時の希望を通すと
業者さんが往復分の損分まで計上して
費用請求されたりするワケだ

そんなことから日時を業者任せにすると
多少安くなるプランってのが出回ってる

で、コレについても自分の状態を考えて検討してみると
宅配便っつーか宅急便レベルで引越片付くんだよね

そんなワケで宅急便会社から引越プランを探してみた
結論としてクロネコヤマトを採用した

何故かっつーと、値段はそんな各社変わらんので
単純に自分の好みで決めた
通販でよく使ってるとヤマトさんが一番対応好ましいんだよね

そこいくと佐川とか時間はアレだわ
ダンボール破損してるわ・・・まぁいいや

【クロネコヤマトの料金】

関東から北海道までの場合

単身引越パックってのでやると2平方メートルに詰められる荷物なら
35700円で運んでくれる模様

ここのページで移動元と移動先入れて冷蔵庫三つとかにして料金検索するといい
https://form.008008.jp/mitumori/PTNS0100Action_doInit.action

BOXとかゆー引越し用のスペース一個分なら荷物量に関わらず同じ値段なのでオススメ

ただ、自分はケチくさいので35700円じゃ高い!って思ったワケだ
そこで目をつけたのが極々普通の宅急便

関東から北海道まで160サイズのダンボールでも2210円で運んでくれる
ダンボール10個にしたって22100円
安くない?(自分の荷物量だと3箱予定)

ちなみにダンボール160サイズって相当デカいです
大型のスーツケースの更に倍くらいあります

P6141248

左側はサイズ比較用の2リットルペットのダンボール
大型の家電や家具以外はコレに大体入る筈

そして次に小物を入れるダンボールについては
やっぱりペットボトル用のダンボールがオススメ
なのだが、小さい箱で10箱とか送ると費用がかさんでしまうので

P6141249

↑こうする
(写真は合体前のだけど)

まず、ペットのダンボールを隣り合わせてガムテープでガッチリと巻きます
ソレを二つ作って上下に乗っけて、またガムテープでガッチリと巻きます
ココで使うテープは布テープオススメ

そーすると60サイズ1160円×4=4640円が
140サイズ一つの2000円で済む計算に

ソレで重さが25kgとか越えちゃったりすると
宅急便では運んでくれなくなるよーです
或いはサイズが160越えちゃった場合とかも

そんな時は定形外のも運んでくれるヤマト便とかゆー便利なサービスが
http://www.kuronekoyamato.co.jp/yamatobin/yamatobin_ryokin/kanagawa.html

つーか自分クロネコヤマトの営業じゃないのでアシカラズ
多分他の会社でも似たようなサービスやってて
ドレ選んでもそれほどの差はないと思うので好みでどうぞ

ココまで触れてこなかった大型の家電とかも
このヤマト便で全部運んでくれます

ただ、その場合はかなりキッチリと梱包しなければならなくて
それが割りと大変だったりする
梱包方法については直接電話して聞いてみるといい

ただ、自分は大型家電のヤマト便はさすがに面倒なので
らくらく家財宅急便とかゆーので洗濯機とか運んでもらう予定

https://form.008008.jp/mitumori/PKZI0100Action_doSearch.action#main

洗濯機はサイズがCなので5600円
梱包から設置まで全部やってくれる
多分ホースのつけ外しとかも全部

つーかやってくれんかったら「らくらく」じゃねーし
クレーム入れてやらんとな

とゆーワケで自分の引越の当初見積もりが
このらくらく家財二つで11200円
ダンボール160三つで6630円
ダンボール140一つで2000円

足して19830円で大体二万未満程度って考えた次第

まぁ実際にはもう一箱くらい増えそうな気がするけど
どーやっても3万には行かない予定

よって、単身引越より宅急便駆使して引っ越すことに決めたわけです

荷物の総量とかはウチの記事のシリーズの移住準備01を見て
自分の家の家財量とかと比較して見積もりするといいかと思います
http://kurahasi.ldblog.jp/archives/51703905.html

最後に追記

皆知ってると思うけど
宅急便は電話すれば家まで取りに来てくれます
自分で持ってくと一個あたり100円割引

更に追記

複数を一度に送る場合
複数口減額制度とゆーのがあって
これも一個あたり100円割引してくれます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。