移住準備08 ~航空機と一時宿の選定~

札幌行きの飛行機チケット取りました
27日の早朝に旅立ちます
航空券の価格は11800円かな

もうちょっと早く予約しとくと10100円くらいまで下がる模様
ただし、最安のにすると朝一の6時出発とかなので
川崎から羽田空港までの始発で行った場合
空港到着が5:30とかで結構ギリギリになっちゃいます注意

まぁ旅慣れてる人とかは大丈夫なんだろうけど
さすがに自分は余裕もって一時間前には行きたいと思うので
ちょっと遅めのやつにした、その分チケット割高

昼過ぎとかの便になると値段が倍以上になるので注意
早朝便と最終便が安いヨ

航空券の予約自体は適当に「航空券 札幌 格安」とかで検索すれば
ボロボロ出てくるのでどーぞ

宿についても決めました
前書いたっけ?いまいち記憶ないけど
ゲストハウスやらドミトリーと言われるものを利用します

自分が見つけたのは10日1万円で泊まれる所
札幌の中央区にそのお値段なのは素晴らしいと思う
なんか一階はコンビニっぽいし

持ってく荷物はスーツケース一つとバッグ一つ
スーツケースについては持っていく必要ないんだけどね
引越費用削減的な意味合いで持ってく

結構大きいスーツケースなので
これも宅急便で運ぶと、別途お金かかるからね~
中に鍋とかフライパンとか入ってるけど
荷物検査でひっかからないかがちょっと心配

ただまぁこーゆー安宿使う時は貴重品の扱い注意しましょう
肌身離さないことと、カネ持ってることを漏らさないこと
まぁ日常的に気をつけるべきことではあるけどな

さー、後は実際に旅立って無職での家探しがどーなるかだねー

—————————————————-

ってことで以降は移住実施編へどうぞ↓

http://kurahasi.ldblog.jp/archives/51713489.html

コメント

  1. ゆうすけ より:

    いよいよ札幌ですね。
    家探しについて参考になるかわかりませんが・・・
    札幌は単身用の1LDKなどは供給過剰なので探せば安くていいところがみつかると思います。以下、気づいたことです。
    o プロパンガスの暖房は光熱費がかなり高いので避けた方がいいです。
    o 雪かきはかなりたいへんなので、賃貸マンションなど雪かきをしなくていいところを選んだ方がいいです。
    o 地下鉄沿線は雪の影響がなく本数も多いので人気です。
    o アパートやマンションなどの1Fや最上階、角部屋などは寒いです。
    o 冬の雪のことを考えると駅やバス停はできるだけ近いところがいいです。
    北海道は他県の田舎と比べると「よそ者」に寛容で(ある意味、北海道民は全員よそ者)、居心地はいいと思います。

  2. kurahasi より:

    貴重なご意見感謝です~
    一応探す予定としてはマンションの3階以上で
    角部屋以外の灯油FFな場所を考えてます
    一点悩ましいのがオール電化の場合の暖房費について
    どれくらい灯油FFとの差があるのかなんですが
    もしご存知でしたらご教授ください
    札幌への関東東北からの避難人数が
    公式に2000人程で、自主避難も増えてる模様な中
    よさそうな物件が埋まってないかちょっと心配ですね~

  3. ゆうすけ より:

    関東の方でFF暖房を知っているなんて流石です。
    オール電化の暖房費はよくわからないですが、オール電化を考えているとは意外でした。電気不足などがあって、今後はオール電化を避ける人が多いのではないかと思ってました。自分はあまり気にしない方ですが、IHコンロなんて電磁波出しまくりというのもありますし・・・
    以前、関東にいたときに読んでいたマンションコミュニティで冬の朝、暖房する前の最低気温が18℃とか書いている人がいて北海道でそんな最低気温が高いわけないと思っていたのですが(関東のマンションでももっと最低気温は低かった)、今のマンションは本当に外が氷点下でもほとんど18℃を下回ることはないです。知り合いの一軒家では、冬の朝は5℃まで下がって家の中では暖房なしではすごせません。北海道ではどんなところに住むかで快適さがぜんぜん違います。
    北海道で2重サッシというのは普通ですが、内側のサッシがペアガラスになっている方が断然暖かいです。

  4. kurahasi より:

    オール電化の蓄熱床暖房とかって効率いいのかなぁとか
    IHについては、カセットコンロを上に乗せて代用しちゃいます
    何気にカセットコンロが一番コスパいい
    オール電化は今嫌われてそうなので
    逆に狙い目かな、と思ってます
    まぁ現地の不動産でも聞いてみますね
    窓のペアガラスについては注意してみてみます~