バズビーって名前のオッサンの話

バズビー教授の立場は「欧州放射能リスク委員会」の部長らしい
つまり、原発とかを攻撃してお金を貰ってる人なんだと自分は思う

推進派は安全!安全!って叫ぶし、反対派は危険!危険!って叫ぶので
両方の意見や、事実と思われる事柄から各々の判断をくだしてください

ちなみに彼は極左政党所属の麻酔医で、放射線の専門家ではなく
欧州放射能リスク委員会についても私的団体で、公的なものじゃないとのことです
というか論文書かない教授って教授じゃないよなソレ

例えばエアフィルターの例なんかだと
今回の事故後にどれくらいの距離を走って吸気したのかわからんフィルターと
1963年の・・・ナニと比較してるのかわからん表現で1000倍とか言ってたり

カリフォルニアの測定結果とかについても
データは見つけられませんでした
ただ、理屈的にはそうなっててもおかしくはないと思う

結局のところ信頼性はともかくとして、一応参考にはなる
なので、話してるのが「権威ある教授」じゃなくて
ちょっと放射能関係勉強した危険派のそこらのオッサンが
テレビに出てきて原稿(目の動きに注目)読んでるだけ、って思っておけばいいかと

コレは先日紹介したロバートさんもガンダーセンさんも皆一緒だと自分は考えてる
別に外国人に偏見持ってるつもりはないんだが、なんか信頼性に欠ける人たちばっかなんだよなぁ
前回記事のときは書かなかったけどロバートさんは教授じゃなくて准教授だしさ

ヘンな話だけど、バズビーさんの喋ってるオカシナ所をすぐ判断出来るようになれば
某官房長官の「ただちに影響があるものではない」とか喋ってた会見を見て
すぐに逃げ出そう!って決心出来るよーになるのかも