福島県の非難解除に関するアレコレと食べ物の話

まずは食べ物の話から
福島県福島市の公式ページです
こんなサイトあったんですねぇ

【ご家庭の食品中に含まれる放射性物質の測定結果をお知らせします】
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/29/monitaring120403.html

福島市で食品をいろいろ検査した結果が載ってます
平成26年1月の測定結果ではセシウム検出率は検査対象の35%で
基準値超過(100Bq/kgオーバー)が4.6%とのこと

興味深いのは去年のデータとの比較結果です

hukusyoku

平成25年 検出率38.7% 基準超過1.9%
平成26年 検出率35.0% 基準超過4.6%

検査体制とか検査機器に変化がないと仮定して考えます
まず検出率は微妙に下がりました、多少なりとも減ってるようです
今後このペースで減るのならば10年後くらいには比較的マシな状況になりそうです

言い換えると、最低でも今後10年くらいは福島産食べるのは無理そうですね
何せ検出率1%だったとしても、年一年で食べる食事の回数1000回とすれば
10回は当たり引いちゃうことになるワケですから

さて、基準値100Bq/kgを超過したモノの割合が増えてること
コレについては簡単ですね、いわゆる生物濃縮が進んでるのでしょう
当たり引いた時に、大当たりが潜んでる可能性アップってことですね

そして今後については、当たりを引く確率が年々下がっていって
当たった時に大当たりを引く確率がUPし
更に大当たり時のダメージもUPしてきそうな予感です

来年とかはどうなるんでしょうねー

【食材購入県内産志向へ】
http://www.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055251101.html

福島県の食材ですが、福島県では住民の方々に大好評って話
福島県内で、どの地域の食材をもっとも多く購入してるかアンケートした結果
「県内産」と回答した方が67%という驚異的な購入率です

これに対して「放射性物質に対する正しい知識と理解が進み
消費者の地場産食品への志向が戻りつつあるのではないか」
とかゆーコメントが出ております

私の考えですと、福島県産とか食べたくない人はあらかた移住してしまって
そーゆーの気にしない人たちばっかりが残ってるからじゃねーかなと思ってます

【避難解除:「官僚は頭がいいんです」、判断押し切る 福島】
http://mainichi.jp/select/news/20140224k0000e040240000c.html

そんなこんなな福島県の状態ですが
4月から避難指示が解除されるようです
そして、避難住民がコレに反対してる模様

ちょっと意味わかんないかもなので、もーちょっと書きます

政府「避難指示解除するよ、だからもう支援金とか打ち切るよ」
住民「いやいや、絶対安全って保障してよ、それと補償金も頂戴よ」

政府「除染はもうしないよ、飲み水とかが10Bq/Lとか超えたら個別賠償するよ」
住民「十分な説明足りてないよ、全員が帰れる状況作ってから解除してよ」

———1時間半経過———–

一部住民「心配もあるけどやっぱり帰りたいよ、心が壊れちゃう」
政府「解除するとしたらいつがいいと思う?」

一部住民「田植えとかするから4月解除かなぁ」
政府「それじゃ4/1に解除で決まり!」

過半数住民「解除反対!」

こんな流れの住民説明会があって
ソレに対する経済産業省の職員のコメント
「ま、官僚は頭がいいんですよ」

カネの綱引きしてるだけに見えちゃいますが気のせいでしょうか
自分の住みたい場所に、自分の責任で住めばいいと思う私ですが
世の中にはいろいろな考え方もあるのでしょうねー

【「楢葉に戻る」40.2% 13年から3.1ポイント減】
http://www.minyu-net.com/news/news/0301/news6.html

避難指示解除準備区域の楢葉町の住民アンケート

解除されたらすぐ戻る&条件が整えば戻る40.2%
今はまだ判断できない34.7%
戻らない24.2%

「解除されたらすぐ戻る派」と「戻らない派」はよくわかります
自分の意思をしっかり持ってらっしゃって個人的に好感持てます

「条件が整えば戻る派」の条件ってちょっと聞いてみたいですね
カネですかね?それとも地表面の線量が○○μSv/h未満になったら、とかなんでしょうか
何にせよ、何らかの基準を満たせば帰るが、今の条件では帰らないって意味ですよね

となると「条件が整えば戻る派」は戻らない側にカウントされるよーな?
「すぐ戻る派」単体のパーセンテージが公表されてませんが何%なんでしょうね

「今はまだ判断できない派」は意味わかんない
事故から3年も経って未だに判断できないなら
一体いつになったら判断出来るんでしょう

ともあれ、判断材料が乏しくて判断できないとゆーことでしょうか
となれば何らかの判断材料、条件が設定されれば判断できるのでしょう
つまるとこ「条件が整えば戻る派」と一緒のような気がします

「すぐ戻る派」の割合が気になるなー

【原発事故、作業員の甲状腺調査 厚労省研究班】
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022301002214.html

事故から3年経って、今更甲状腺検査はじめるそうです
すっげー今更ですがやらないよりマシです

チェルノブイリでは子供より大人の方が甲状腺異常多かったワケですが
この検査の結果はどうなるのでしょう
結果が出ましたら改めて

【滋賀の放射性木材チップ撤去が終了】
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014022701002343.html

福島県から滋賀県に放置された汚染木材ですが
放置された場所からは撤去されました
ドコに行ったかは不明ですが「県外の産業廃棄物処理施設」に運んだとのことです

ドコでしょう、そしてソレはどうなるのでしょう
ベンチとかに加工されて琵琶湖の湖岸に設置されたりする可能性もありますな
順当に考えるのならバイオマス燃料として燃やされるのでしょうけど

ひみつひみつー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。