放射線に負けないからだをつくろう BY福島市公式サイト

福島市がトチ狂ったこと言い出しました
反響が凄かったせいか、今ではタイトルが変更されてます
放射線に負けない⇒放射線の影響を受けにくい生活をしましょう

【福島市「放射線に負けない体を」ホームページが病気だと話題に】
http://www.yukawanet.com/archives/4711501.html
http://www.j-cast.com/2014/07/22211140.html

今までは一貫して、放射線による健康被害なんてありませんというノリでした
それが方向転換しまして、健康被害が出ると認めたんだか知りませんけど
放射線に負けないからだをつくろうとか言い出しました

放射線に負けないからだをつくろう食生活のポイント
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/71/hkenkou-kanri14070701.html

書いてることはそれなりに真っ当です
1:放射性物質を取り込まない
2:速やかに排泄する
3:きちんと食べて放射性物質を取り込みにくくする
4:放射線に負けないからだをつくるための食事

4が若干意味不明ですけどね

んで、放射性物質を取り込まないためには
「産地や品目が偏らないようにする」だそうです
ドコの産地に偏ると危険なんでしょうね

その辺り明確にハッキリキッパリとは語られてませんが
次の項目に「家庭菜園でとれた作物は、きちんと検査をしましょう」と記載されてます
福島市のページですから、家庭菜園の場所は福島市を想定してるのでしょう

つーか移住した方が良いと思いますハイ

【福島第一原発のがれき撤去、50km先の住宅地にも放射性の粉じん】
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/15/fukushima-daiichi-nuclear-power-dust_n_5589854.html

福島原発の瓦礫撤去で放射性物質が飛び散りましたニュースの続報
飛び散った距離なんですけど、30kmどころか50km先の住宅地まで飛んでたとか
50kmつーといわき市や福島市が圏内ですね

飛んだ方向は北西ですので、福島市の方が危険度高いです
時期は去年の夏でして、今年も同じ時期に瓦礫撤去予定
風向きも似たようになることが想定されます

昨年8月の15日~22日では北西48kmの相馬市にて普段の6倍
北北西27kmの南相馬市では20~30倍の放射性物質を検出とのこと
なんで今頃になってこんな報道が増えるのでしょうねー

【米の基準値超過 事実公表なぜしない 東電・国の姿勢ただす 福島県南相馬市】
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=28843

福島原発の瓦礫撤去でいろいろ飛び散ったその日
原発から12kmくらいの場所で、農家200人による瓦礫広いがあったそうな
吸い込みまくっちゃったのでしょうね

当然ながら農民の皆様はお怒りです

「ますます農家の生産意欲が失われてしまう。
安心して作付けできる環境を保証するため、
新たな飛散を確実に防止できる具体策を示してほしい」

福島市のサイトで、遠回しにですが福島の食べ物気をつけようと報じられてます
そろそろ生産するの諦めるというか、見切りつけた方がいいような気が

移住による精神的苦痛やら、別の地域で再出発するための資金とかは
当然ながら東電様から毟り取ってください
もし北海道来るなら及ばずながら相談乗りますヨ

【福島・いわきの2カ所で海開き 地元観光ガイドが初泳ぎ】
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/552311.html

福島県いわき市にて海開きですって
「いわきは晴れの日が多く、海水浴にぴったり。安心して遊びに来てください」
一体何に安心すればいいのでしょうか

まぁ多少ベクレた海で泳いだ程度でどうこうなるとは思いませんが
海水浴の際は、海の水は飲まない、海から出たら目などの粘膜部分はよく洗う
傷があったら海に入らない、足怪我しないようにビーチサンダルを

などなど、ある程度注意して遊んでくだされ
基本的に体内に入れさえしなきゃ影響は低いと思ってますが
白内障とかの原因になったりしますし、要注意でー