福島原発1号機の建屋カバー解体着手&延期

ニュース検索したら解体延期と解体着手の
両方のニュースが出てきてちょっぴり意味不明でした
これ実質的には延期なんだけど、作業は始めましたよって意味のようです

【福島第一原発、1号機の建屋カバー解体を延期】
http://www.yomiuri.co.jp/science/20141016-OYT1T50018.html

何故に延期したかってゆーのが載ってました
「凍土壁の工事が進んでおり、建屋カバーを解体する重機などの搬入ができなくなった」
作業工程の組み間違えとか、そーゆーレベルのミスみたいです

【福島第一原発、建屋カバー22日に解体開始】
http://www.asahi.com/articles/ASGBH5JQJGBHULBJ00Q.html

予定通りに作業できないけど
何もしてないと延期したことになっちゃうので
何かしようってので22日から解体開始、となってます

実際何やるかっつーと
カバーに穴あけて飛散防止材まいたり
カメラで中身見たりとかするとのことです

んで結局、解体作業はいつからになるかってとこですが
来年の3月以降からになるっぽいですね
黄砂や花粉の季節と被るからマスクしやすいかも?

【セシウム濃度が最高値=地下水で26万ベクレル超-福島第1】
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014101800171

相変わらず福島の地下は汚染が進む一方のようですね
えーとナニナニ?セシウムが26万4000Bq/L?
2週間前と比較して7000Bq/L増えたみたいですね

少なく感じちゃう自分がイヤですなぁ

【“もんじゅ不備続けば廃炉も”】
http://urx.nu/d9KE

とかゆー発言を文科省の大臣が言いました
先日の監視カメラ56故障してて
年単位で放置&隠蔽されてたことに対する発言ですね

ソレが福井NHKでニュースになったけど
いつものよーにすぐ消されました

カバー解体延期のニュースもそうですけど
新聞各社で言葉の使い方や報道する内容が
凄くシビアになってるようです

こっちの視点だと、報道される内容が減りました
言い換えると報道の隠し事が増えました
秘密保護法案の絡みじゃないといいんだけど

【制御棒のローラー紛失 東海第二原発 容器内に落下か】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20141016/CK2014101602000172.html

東海村の原発でもトラブルです
制御棒を動かす部分の部品が壊れてて
あげくにソレが格納容器内に落下したんじゃって話になってます

壊れたのがいつかって話ですが
発覚したのは今月の点検作業です
でも実際は2009年の定期検査「以前」になくなった可能性が高いとのこと

以前?

つまり前回の定期検査では発見できなかった
或いは検査してなかったのか
詳しいことはサッパリですがいい加減極まりないですねー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。