宇都宮の下水道でセシウム濃度上昇だそうな

栃木県ですね。
何かあったとかゆーより、普段同様の誤差な気もします。
それともカバー解体のハナシで何かあったのかしら。

【下水汚泥の焼却灰 セシウム濃度上昇 宇都宮市の工場】
http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/welfare/environment/news/20150526/1971005

栃木県の各市のセシウム焼却灰のベクレル数比較。

日光市  30Bq/kg
大田原市 40Bq/kg
宇都宮市 360Bq/kg

他四箇所の浄水場では検出なし。
宇都宮だけ高いけど何ででしょうね、ってハナシです。
尚、宇都宮市の先月のデータだと250Bq/kg。

まぁ何か知らないけど何かあるんでしょうねー。

【環境省、富岡町でも搬出開始 福島の除染廃棄物】
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/science/science/1-0137861.html

福島県内の除染廃棄物の移動がいろいろ行われてるようです。
今回は富岡町から大熊町に移動させる模様。
正直ナニをしたいのかよくわからんわ。

【汚染水1次処理 月内完了へ…第一原発】
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150525-OYTNT50278.html

福島原発の汚染水処理の第一段階が終了しそうなんだそーな。
つってもコレさ、濃縮作業しただけで、総量は一切変化なしなのよね。
濃度が高まった危険物どうする気なんでしょうねぇ。

【汚染水吸収ブロック開発】
http://www.yomiuri.co.jp/local/mie/news/20150526-OYTNT50195.html

コレもそうです。汚染水処理のハナシで、汚染水を吸収するブロックを開発したとか。
陶器でトリチウムを吸収させるモノを開発したそうです。
全然意味がわかんない。

オムツ用の高吸水性樹脂でいいじゃん。
なんでわざわざカネかけて別のモノ開発してるんでしょう。
そしてそんなどーでもいいモノがニュースになる不思議。ほんと謎だわ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。