未だにセシウムさん降ってます BY月間降下物

そーいや最近この表見てなかったかもしんない。
原発事故から5年、未だに変わらず毎月降り注いでます。
事態収束はいつの日か。

定時降下物6

http://radioactivity.nsr.go.jp/en/contents/10000/9946/24/195_20150630.pdf

見事にいろいろ出ちゃってます。
引越し前の神奈川県も結構出てるのな。
あの辺なら大丈夫そうだと思ってたけど、そうでもなかった模様。

上の画像にはないけど、長野と静岡にも降ってますね。
まーなんだ、お気をつけくださいませ。

【小中学生心臓検診 要精密検査 再び増加傾向】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150702/CK2015070202000170.html

茨城県からです。

県内で小中学校生を対象にした心臓検診で、
要精密検査とか要管理とか、いわゆるNG診断される子の数が増加傾向に。
「増加に転じたのは、放射線量モニタリングマップで比較的線量が高いとされた地域」

ただちに影響はないよーですが、じわじわ影響出てきてる模様。
さきほどの降下物の表見ると茨城県のセシウム降下は5.5MBq/k㎡です。
9.1MBq/k㎡な群馬や、7.0MBq/k㎡な栃木など、関東東北でもその傾向が強くなるのでしょう。

該当地域にお住まいなかたがた、今後も食事等々いろいろ気をつけて頑張りましょうぞー。

【放射線、低線量でも白血病リスク 欧米の作業員30万人を疫学調査】
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/health/health/1-0152253.html

低線量被爆での健康被害についてのニュースがチラホラ。
今までは不明だったので責任はないってスタンスでやるつもりなのかしらね。
ある程度の被曝はむしろ健康にいいとかゆー話はどうなったのでしょう。

【チェルノブイリでまた森林火災】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015063001109

チェルノブイリ付近の森が絶賛火災中です。
とゆーことは、風向き次第でアレやらコレやらが飛んできます。
ちょっと前にも、あっちで火事になって、日本でケムリ臭い日とかありました。

同様のコトが起こりえるので、マスク常備でGOですぜ。
セシウム137の半減期って30年でしたよね。
つまりまだ、たったの半分にしかなってません、要注意で。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。