自給自足的生活の準備25 ~燻製(干し肉)のその後について~

干し肉関係の話って試行錯誤してましたー
ってゆー所で止まってたよーな気がするので
一応完結編みたいな感じで一本纏めます

とゆーのも、最近は肉だろうが魚だろうが
適当に全部干せばいいじゃんくらいになってまして
普通に生活の一部になっちゃったんだよねコレ

それと昔作った干し肉ですが
一年半くらい?常温で放置してた結果についてもご報告
自給自足的生活の準備06 ~燻製(干し肉)の保存重視な作り方前編~

多分↑の辺りで作った奴だと思います
どんだけ保存可能なのかってんで
ずーっと残してた子がコチラ

IMG_0062

最早肉ってゆーか鰹節みたいな出汁取る為の何かになりました
でもコレ普通に端っことか齧って食べることは可能です
あんまり肉って感じはしないですけどねー

作り方とかも一応おさらい

1:肉を買ってくる
2:ビニール袋に塩入れて水入れて肉入れて縛る
3:適当に味が染み込むまで放置、1日くらいでいいです
4:お湯を沸かして、火を止めて投入
5:適当に時間置いたら(10分~数時間)したら引き上げて切る
6:干す
7:食べる

以上です

塩の量とか少なくてOK
お湯への投入は一応殺菌効果狙いですが
別に中まで火を通す必要は特にないです

ああ、寄生虫が居そうな肉とかは別なので
そのへんは適宜どうぞ

一般的にその辺りのスーパーで手に入る牛肉や鶏肉ですと
私は一度も腹壊したことないので大丈夫と思います
豚で干し肉やろうと思ったことないのでそっちは不明

IMG_0065

ってことで外側だけ火が通ったローストビーフとゆーか
牛のタタキみたいなものを乾燥させます
美味しいのは干しはじめてから2~3日くらいの状態ですね

IMG_0061

外側が乾いて、中はシットリな感じでいい味です
干し続けると乾物と化してしまうので
適度に干したらタッパーに入れて冷蔵庫へどうぞ

干しながら適宜ぽこぽこ食べてくのがオススメですけどねー
とりあえず肉類は保存簡単なので塩だけ手に入れられれば後はどーとでもなりそうです
とゆーことで、次回から魚介系の保存実験やります

ホタテとヒラメでやりました
結論:乾燥は偉大