水俣病と放射性物質による被害について比較してみる




「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」
ビスマルクさんのお言葉ですね
コレがどーゆー心積もりで言った言葉なのかは置いときます

なんつーか経験からでも学べるなら
私としては十分な気がするんですけどねー
経験からも歴史からも「学ぶ気がない」って人はさすがにアレですけど

とまぁ、それはさておき、言葉通り歴史を見ることによって
今回の原発事故の影響が、今後どーなってくか学んでみましょうか

つっても今回書くのは過去の原発事故の話じゃないです
日本で以前あった「健康被害」が出るかどうかわからなかった事例で
実際に健康被害が出ちゃった場合、国や企業がどう対応するか、ってことですね

細かい所は水俣病のWIKI見てくだされ
今日の記事はコレ↓の引用とか私風に意訳したものばっかです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%BF%A3%E7%97%85

そんなワケで一番いいのは自分でいろいろ調べるコトですが
皆が皆時間有り余ってるワケでもないんで
そーゆー人は適当に砕いた文章をいつものよーに書いてみます

【水俣病ってナニさ】

水銀が原因で起こったとされる健康被害のコトですね
実は未だに原因がハッキリ特定されてません
どんな症状なのかは↓この動画ちょこっと見てくだされ

【時系列①】

1946年:日本窒素がアセトアルデヒド、酢酸工場の排水を無処理で水俣湾へ排出
1949年頃:水俣湾でタイ、エビ、イワシ、タコなどが獲れなくなる
1952年:熊本県水俣で最も早期の認定胎児性患者が出生、ただし認定は20年後
1953年:熊本県水俣湾で魚が浮上し、ネコの狂死が相次ぎ以降急増していく
1954年:8月1日付熊本日日新聞で、ネコの狂死を初報道

最初に魚介類に被害が出てますね
福島的に言うと鳥を見かけなくなったとか
そーゆー感じでしょうか

つーか、水俣病の動画載せときましたが
あのレベルの病気が起きるよーな怖いモノですら
実際に被害がはっきり見えるようになるまで5年かかってます

んで放射性物質による被害について考えてみると
今の段階では、川魚の大量死と福島の鳥の減少くらいですかね
まだまだ一年ですからその辺は今後の推移が気になるとこです

あ、後放射性物質の被害っつーのは
放射線的なのと、セシウムやらプルトニウムやらの金属的な被害も
両方併せて考えてくので一応頭の片隅にどーぞ

【時系列②】

1956年:「原因不明の奇病発生」として水俣病が公表され、この日が「公式確認」の日となる 
1957年:水俣保健所の実験で、水俣湾内で獲れた魚介類を与えたネコに奇病発生
1958年:熊本県が水俣湾海域内での漁獲を禁止

実際に認定された患者が始めて記録されたのは1952年のコトなんで
そーゆー病気が発症してから、社会的にソレが認められるまで4年かかるわけですね
そして、この年には記録にあるだけで50人が発症し11人が死亡してるようです

工場の稼動による汚染水の垂れ流し開始の年を
原発事故+汚染水垂れ流しを同等と考えるならば
実際に病状発覚して人が死ぬまで10年かかるってことですね

【時系列③】

1959年:アセトアルデヒド酢酸設備排水が水俣病を引き起こすことが明らかになる
      熊本大学医学部水俣病研究班が水俣病の原因物質は有機水銀であると公表

この時点でよーやく原因が何なのか「概ね」わかったワケですが
国も企業もソレを認めませんでしたし
当時もいわゆる「御用学者」様が関係ねーよ的なコト言ったりして日本中混乱したそーな

工場の持ち主さんの新日本窒素肥料は
水俣病患者・遺族らの団体と見舞金契約を結んで少額の見舞金を支払ったが
会社は汚染や被害についての責任は認めませんでした

また、将来水俣病の原因が工場排水であることがわかっても
新たな補償要求は行わないものとされたとゆー
なんかどっかの東電さんの対応にそっくりですね

工場は、汚水処理装置「サイクレーター」を設置し
工場排水による汚染の問題はなくなったと宣伝
社会的には問題の沈静化をもたらし、水俣病は終結したとの印象が生まれた

なんだけど、まぁ実は何も問題は解決されてなくて、以降も被害はどんどん広まっていきます
ネコが狂死したりなんだりしてから10年後の時点でよーやくコレです
そして、この時期になっても根本的解決はされないまま「事態収束」とか喧伝されたわけだ

【時系列④】

1961年:水俣市で女児(3歳)死亡、病理解剖で胎児性水俣病と確認
1962年:水俣病審査会、脳性小児マヒ患者16人を胎児性水俣病と認定
1963年:熊本大学が水俣病の原因はメチル水銀化合物で
      水俣湾内の貝や新日本窒素工場の汚泥から抽出されたと公式発表

既に収束してる筈なのに以降もどんどん被害者は増え続けます
きっと気にしない人達が「食べて応援」とかしてたんでしょう
当時の状況はわかりかねるんでなんとも言えませんけどね

【責任問題について】

1975年:チッソ幹部が水俣病の「殺人、傷害罪」で告訴される
      ⇒1983年、チッソ元社長ら業務過失致死罪で有罪判決
1976年:熊本地方検察庁、水俣病でチッソ関係者を業務上過失致死傷害罪で起訴
      ⇒1979年、熊本地裁で有罪判決(福岡高等裁判所支持)
1980年:水俣病認定申告者が国・県も被告に加え提訴
      ⇒1993年、地裁が国・県の発生拡大責任を全面的に認める判決
1990年:水俣病裁判の国側の責任者として、和解拒否の弁明を続けていた環境庁企画調整局長が自殺

責任取った人は極僅かです
東電さんはどのように責任取ることになるんでしょうか
どっちみちコトが起きてから20~40年くらいかかるよーです

【国の補償関係について】

2009年:水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法が成立
2010年:水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法の救済措置の方針を閣議決定

つい最近です
ココまで引っ張ってまだ具体的には決まってないんじゃねーのかな?
もうほとんど皆死に絶えた後なんじゃないかと思うんですが如何に

【纏め&私が言いたいこと】

端的にゆーと一言で済みます

「自己防衛しましょう」

こんだけ

企業が悪いとか国が悪い、って言いたいんじゃないですよ?
イイとかワルイとかそんなことを言いたいんじゃなくて
現実として、過去こうだったんです

コレは水俣病の事例に関わらず薬害エイズだろうがなんだろうが
いろーんな過去の例見れば同じよーなコト何度も繰り返してます

水俣病の場合は食い物がメインでしたが
四日市ぜんそくなんかだと空気が原因なんで
ドコの会社が悪かったのか、何の物質が悪かったのかすら特定出来てません

今回の原発事故の場合、誰が悪いかっつー面ではスゲー特定しやすいですが
何が悪いかっつーのはストレスがなんだと、ワケわからんこと言う学者様がいらっしゃるんで
因果関係がどーちゃらこーちゃらと揉めるコト必須です

空気がヤバイなら、空気の綺麗なトコに移住しましょう
メシがヤバイなら、ヤバイものは食わないよーに気をつけましょう
もし、あなたが生産者なら今までの分の損害賠償請求して、さっさと新天地で頑張りましょう

とゆーかね、誰が悪いって工場や原発の側に住んでたってのが悪いワケだよ結局
自分なんかもめっちゃ川崎の工場の側に住んでたし
結局自分の身を守るには自分で考えて行動するしかないっしょー

明らかに悪いヤツってのも確かに居るけどさー
そいつらに責任転嫁してどーなるかっつったら
今日の記事で書いたみたく何十年も争う必要が出てきちゃうワケです

もう、そこはスッパリ考え方改めて
自分の身は自分で守る方向でザクザク行動した方がいいんじゃないですかね
そりゃ大事なお仕事やら学校やら、持ち家やら、友達やらイロイロあるでしょうけど

私は関東東北の方には移住をオススメしますが
個人によりけり、大事なモノは違うんでなんとも言えませんけどね~

少なくとも、マスクつけたりメシ気をつけたりすることはマイナスにはならん筈なんで
それくらいは気をつけてもいいんじゃないかなーと思う次第です




コメント

  1. ゆきこ より:

    自分の住んでいる場所がどこなのかって改めて見直す必要は大ですよね
    特に原発が近くになかった人はあまり意識できないのも当然かもしれません
    ちなみに私は鹿児島ですが水俣病も隣県で起きている事件ですし原発もある県でした
    ですが実際に今回の原発事故が起きるまではやっぱり遠い国の話だと思っていましたし、その地域はお給料がいい会社に勤めてる人が多いっていう程度でした
    こうして事故後危ないんじゃないかって感じてkurahasiさんやいろんな方のブログ読むようになって、やっと気付いたという感じかなあ
    (その中でもやっぱり読み続けるのは自分のスタンスを発信してちゃんと実行してる人たちのばかりですが)
    やっぱりこのブログなりきっかけがあって、今からでもちゃんと自分で考えるようにならないと変わらないんでしょうねー
    自分が住んでるのは「日本」なんですよね

  2. りんか より:

    歴史に学べとみんな言うのに、どうしていまだ学べないで食べて応援とか瓦礫拡散に賛成する住民とかいるんでしょう。
    アスベスト問題も国が安全だって言って広めましたからね。
    それなのに、放射能安全神話ブログ流す一般市民がまだいるのが不思議ー。
    そうゆう人たちは、病気になっても放射能とは関連ないって意地張っていくのでしょうかねぇ…

  3. kurahasi より:

    なんか思ったんですよ
    工場地帯に住むのはあらゆる意味でアウトですね
    働いてる時間とかはしょうがないとしても
    工場勤務な方でも居住するのはめっちゃ離れた場所とか
    或いは風上な場所に住んで欲しいもんです
    でも、結局交通時間他な利便性に負けちゃうんでしょうなぁ・・
    >ゆきこさん
    ウチのブログが、何か考える助けの一部になったとゆーのは喜ばしい限りです
    これからもそーゆー方向で頑張っていきまっせー
    なるべく軽めにネ!
    >りんかさん
    あんまりなんでもかんでも危険排除しちゃうのも
    逆にギスギスした世の中なっちゃうので
    いろいろバランス取りが大変ですけどね
    みんなして同じ方向向いちゃうと
    逆サイドが見えなくなっちゃうので
    ある程度は逆方向見るコトもアリだとは思います
    ただまぁ・・・安全安全!ってやってる方たちが
    実際病気になったときに一番騒ぐんですよねー・・・
    ホラ、ある意味信じきってるワケですから、裏切られた感も強いワケですよ
    もうちょびっと、自分で考えるって人が増えるといいなぁとは思います

  4. ひゆこ より:

    無事に西に移住してから、普通に空気が吸える喜び、そしてなんといっても洗濯物が、外に干せる開放感を噛みしめてます(*´∇`*)
    仕事も決まったし。
    人生一度きり、どうにかなります。
    どうにかしなければの思いですけどね。
    自分の身は自分でですね。
    わたしもこのブログで背中押してもらいました♪
    まだ何も収束してないので今からでも移住は遅くないです。

  5. kurahasi より:

    いろいろと好転したよーでおめでとう御座います♪
    事故とか地震とかそーゆーのもあるんで
    気を抜かず、さりとて張り詰めすぎず
    適度なバランスで新生活楽しんでください~
    >他の方
    移住で悩み事とかあれば相談乗るんで
    気楽にメールとかコメントどうぞー