放射線が身体に及ぼす影響を目で見てみよう




放射能の何がどう怖いの?って話なんだが
目に見えないモノだし、その影響っつーのも実際よくわからんと思う
やっぱコレは目で見て理解しないとわからんでしょう

ってゆーことで見てみましょう

コレは放射性物質を霧箱っつーモノの中に入れて
放射線(アルファ線)がどんなふーにピョンピョン飛んでるかを撮影したものです

動画内で説明されてる通り、原子核とかが見れるレベルの倍率なので
ものすっげー拡大されてることがわかるだろうかしら

次にコレがどう人体に影響を及ぼすかを考えるワケだが
その前に人間の細胞分裂とか染色体とかの挙動についても
ちょっとおさらいしてみましょう

なんかうにょうにょと染色体が動いて最終的に綺麗に二つに分かれて
細胞が分裂してるのがわかるかな?
とゆーか、自分の身体の中でこんなことが猛烈な勢いで起きまくってるワケだ

なんかそう考えると人体スゲーとか感動するんだが
それはさておき、この細胞分裂してる真っ最中に
放射線が当たると困ったことになるワケです

放射線が染色体をブチ切ったりしやがるせいで
細胞分裂の際にオカシナ細胞が出来ちゃうワケですよ
なんだが、そーゆー細胞は基本的にすぐ死にます

或いは身体の機能として、勝手に修復してくれたりもするんで
実際問題それほど大きな被害をこうむる可能性は低いのね

運悪く、変な細胞が生き残っちゃって
ソレがそのまま分裂を継続し続けたりすると
いわゆる腫瘍ってっゆー形になるワケだ

んで、その腫瘍の中でも、その場所だけで増え続けるモノを良性
身体の他の場所に移動(転移)してって更に増えまくったりするヤツを悪性
つまり、ガン(悪性腫瘍)って呼ぶワケです

一般に放射線の影響は大人より子供の方が大きいって言われるのはコレが原因
子供は細胞分裂の回数がめちゃくちゃ多いからね

ただ、勘違いしないで欲しいんだけど
イカレタ細胞が出来るまでの確率は大人も子供もあんまり変わらんと思う
腫瘍の元となるダメなモノが出来た後、ソレが大きくなるまでの時間はスゲー違うけど

ってことで、今回福島の甲状腺の結節やらのう胞やらは
子供主体でめちゃくちゃ沢山出てるワケだけど

チェルノブイリの事故の例見る限り
最終的には大人も同じ道を辿ってます
っていうかむしろ大人の方がガンになる率高かった気がする

そこまで至る時間がめちゃくちゃ長いだけで、ね

で、ガンにならんでも放射線によってペチペチ染色体が壊されるのは問題なんですな
本来なら分裂した細胞が問題なく身体の中で働く予定だったのに
働きもせず、或いは身体に害なコトするワケですよ

そーすると、ソレを排除したり修復したりするのに
身体が余計な機能を使わされるワケです
コレが免疫低下するってゆー話の理屈

免疫っつーのは警備員や警察だと思えばOK
で、変異した細胞はニートかもしくは犯罪者

一定の数であれば、警備員とか警察や医者で対応できるけど
その数が増えれば増えるだけ負担が大きくなって
他の対応をする余裕がなくなってくる

つまり、インフルエンザウィルスを殺す予定の身体の機能が
ソッチに手を割かれてしまうことによってインフルかかりやすくなったりするわけだ

壊された細胞治すのに手間かかるから怪我も治りにくくなるかもしれない
人間としては寝たりなんだりで休んでるつもりでも、身体は動き続けてる

沢山栄養吸収して対抗したいとこだけど
消化吸収する部分の細胞が、そもそも放射線の被害受けやすい場所なんで
腸内とかの細胞が壊されると、消化すら出来なくなって下痢したりする

んで、一つ目の動画見て頂いてわかるとーり
ものすげーミクロな世界で放射線飛んでます
とりあえず今回はアルファ線に限定した話しますけど

仮に放射性物質がそのへんふよふよ浮いてたとして
アレが皮膚に直接アルファ線飛ばしてきたとしても
大して被害ないです

つーか皮膚の表面を突破出来ないですし
上記にちょいと書いた消化器官にも到達しません

多少放射線によって染色体壊されたとしても
その場所から放射性物質が居なくなれば
そこの細胞はダメ細胞を破棄して、すぐ元に戻ります

じゃ、何が怖いのかって

コレ食べたり吸ったりして
身体のドコかの器官に固定されちゃうこと

コレが一番怖い

たとえ体内に一時的に入ったとしても
放射性カリウムみたく、蓄えずにさっさと排出する仕組みになってれば
放射性物質は身体の中の通り道を微量に破壊して、外出ていきます

なので、一部が破壊されようともちゃっちゃか修復しちゃいます
コレは生物が長い間ずっと繰り返してきたことなんで
大した問題じゃない

じゃ、アレが例えば骨として吸収されたらどうなるか
甲状腺とかの部位にどんどん集まりだしたらどうなるか
ソレが問題なワケです

ちょいと話変わります

放射線が染色体にぶち当たって
染色体を破壊する確率なんですけど
すっげーーーーーー低い確率です

学校の校庭とか、なんか広い場所思い浮かべてください
そこのど真ん中にアナタがぽつねんと立ってます

で、そこから見えるか見えないかくらいの場所に居る人が
適当に全方向に向けてぺしぺしピストルで発砲してる感じ
当たると思う?

いやまぁ運悪ければ当たるんだけどさ
そんな感じなのよ、放射線の被害って

しかも、外部被曝的に考えれば、その発砲する人は
移動しながらめくらっぽう適当に打ち続けてるワケだ
当然、しばらくすると通り過ぎちゃうワケ

内部被曝コエーのは、その撃ち手が動かなくなるってことだな
いつか当たるんだよね、ずっと撃たれ続けるとさ

ただ、当たった所でスゲー遠くからの弾は威力も弱いし
手足に当たったりしても即死するワケじゃないでしょ?
当たり所についてもよっぽど運が悪くなけりゃすぐガンとかなんとかにゃならんのさ

でもね、放射性物質の摂取量が多くなれば
最初は火縄銃みたいな勢いでそこらへんに飛んでた玉が
いつしか機関銃レベルで飛び交うよーになっちゃうんだわ

なんとなくイメージついた?

だから、放射線被害は閾値とか基準値とか本来はありません
微量でも運が悪けりゃ影響でます
大量でも運が悪けりゃ何も起きません

ただ、撃ち手が増えれば増えるほど
あなたの身体に銃弾が食い込む確率は上がるでしょう

とゆーワケで
軽視せず、さりとて過剰に評価もせず
そーゆーもんなんだなーと思いながら各々で対策してきましょう

マスクして家の掃除して、ある程度食べ物気をつけてれば大丈夫と思いますけどね
過去に纏めた記事あるんで一応紹介しときます

放射線対策01 ~家の除染/掃除~
放射線対策02 ~家の外での対策/マスク~

対策系の纏め記事そーいや書いてないね最近
食べ物系の記事なかなか書くの難しくて中途でとまったままだったり
もちょっと頑張りますか~




コメント

  1. ファニー より:

    先日入院したのって、子宮に筋腫が出来たので摘出してもらう手術のためだったのですが。。。被曝のせいだったんですかね???
    3月に仙台で被曝して、晩秋ごろから不正出血が始まり、そのまま放っておいたら今年の3月には立てなくなってしまって、観念して病院いったら大きな筋腫が出来てました。タイミング的にぴったりなのが怖いですけど、一方で、これって女性にはよくあることらしいので、被曝とも言いきれないような・・・よく分かりません。

  2. ちい より:

    初めて、このような画像を見ました!
    恐いけれど、こんなもんだと知ると知らないのでは受け止め方が全然違ってきますね。
    免疫の話も、分かりやすかったです。
    兵隊の数は人それぞれで限りがあるし、それが別問題でかり出されたり(放射線)すれば、普段守っているところも、おろそかになること、安易に想像つきます。
    なるほどー、でした。

  3. kurahasi より:

    >ファニーさん
    染色体がイカれる原因って放射線オンリーじゃないんで
    よくわからん科学物質かもしれませんし、何が原因かは不明ですね
    ただ、仙台に居続けた場合は、放射線が原因での問題が起きる確率が上がるでしょう
    で、今回筋腫が見つかって取り除いたなら
    取り敢えずソレで万事OKってコトで問題ナシさ~
    >ちいさん
    わかりやすいと言って頂けると幸いです
    これからも、出来るだけ理解しやすいよーな記事書けるよーに頑張りますネ!

  4. りんか より:

    ファニーさんへ
    筋腫や内膜症は311前から本当に多いですよ^_^)私は二十代ですが前半に内膜症で手術してます。
    それから内膜症発症の友達は私の周りだけでもかなり多く、みんな三十路にかけて増えてきたような。
    姉も筋腫持ちで第一子は出産しましたが第二子を産む前に手術しようか悩んでます。
    あと、早産もかなり多いです(・_・;)
    これも事故前からですが、母親世代はなんでこんなに多いのか不思議がってます。
    原因は沢山あると思いますがね、添加物やら環境やらそれこそチェルノの影響かもしらんし、
    あとは出産年齢が高齢化したり煙草や酒や社会進出によるストレスや不規則な生活とか?
    電磁波もか?
    長々とすみません(>_<) kurahasiさんに質問なのですが、 まだマスクってしてますか? つい油断して風向きオッケーな時はつけてないんだけどまだまずいんだろうか… 今日のブログ読んで改めて気が引き締まり小まめに掃除しましたヽ(・_・;)ノ

  5. ファニー より:

    りんかさん
    コメントありがとうございます。そうですかー、お母様の世代ではあまり多くなかったのですね。一種の現代病?添加物、電磁波、ストレス・・・思い当たることばかり(汗)。今後も増えそうですね。
    kurahasiさん
    技術の進歩のお陰でお腹を切らずに済んだので怖くなかったですよ〜。それより病院の暖房が暑過ぎたのが苦痛だった。北海道って何故こんなに暑い!?

  6. kurahasi より:

    筋腫云々は、コレ言うとなんかアレですが
    大気圏核実験の影響なんだかチェルノなんだか
    はたまた、化学物質的なモノなのか電磁波なんだか
    それとも、農薬とかなのか成長ホルモンとかなのか
    もう全く原因が特定出来ないです
    深く考えると人間とゆー種がどうこうってなっちゃいそうなんで
    もうその辺はある程度受け入れて、出来るコトに目を向けるしかないかなぁとか思います
    札幌来てからマスクなんか全然つけてないヨー
    ただ、N95マスクが無駄に余ってるんで
    札幌の地下街(地下鉄)歩きまくる時とか、JRに乗る時とか
    なんとなく空気汚いかもって思った時にサクサクつけて消費してます
    もしコレで自分が未だ関東に住んでたら?って考えるなら
    ずっとマスク生活でしょうね
    それこそ家の中に居る時でも、です
    札幌は線量も上がってないし、定時降下物でも放射性物質出てきてません
    屋外に居る限り基本的に心配無用かと思います
    ただ、地下鉄構内とかデパート内部とか
    空気がこもりがちな場所で、もし気になるならつけても別にいいかと
    私の札幌での外出時のマスク率は10%程度です
    部屋掃除は一環して続けるのがオススメです
    やって損することじゃないですからネ~
    放射性物質ならずとも、ホコリを吸う生活は多分身体にイイもんじゃないでしょーし
    緩めすぎず、張り詰めすぎず、ですよー
    室内温度が高いのは住民性の問題だから、もう慣れるしかないですな!
    こればっかりは対処方法思いつきません、気合で乗り切れ~

  7. りんか より:

    コメントありがとうございます!
    札幌マスク率10%のコメ嬉しいです(笑)。
    主婦で子持ちになってからは百貨店や地下鉄やJRはほとんど利用してません。車移動ばかりです。それでも、車はフィルターが恐いので早く交換したいですが。
    掃除も、掃除機とほうきと半々に分かれてしてますが、ほうきの方が綺麗になります。
    これからも、緩めすぎず、張り詰め過ぎず、4号機が爆発しないことを祈りながら過ごします(>_<) ファニーさん、病院内暑いですよね~、北海道だけなんですかね。 私は手術後の足の包帯が更に暑くて部屋も異常に暑くて夜中は地獄のような思いをしました(笑)

  8. 名無しさんがとおります より:

    改めて分かりやすい解説、ありがとうございます。
    自分のしてきたことを思えば至極、罪深いものであったと思い知らされます。
    私の専門は消化器内科です。胃がんや大腸がんの患者さんに検査しまくって外科に送るのが仕事でした。当該患者さんが来ると、一回あたり精密UGI(胃バリウム造影)を一回あたり40−60枚、角度を変えながら撮影します。それを3回やります。結果的に最大180回は被爆させます。さらには胃カメラはもちろん、腹部、骨盤部、胸部、頭部CTを転移の有無をチェックするため撮影します。人によってはアイソトープ(放射性物質の注射)で転移の有無を全身チェックします。
    医療用の放射線も結構な被爆です。ある文献によれば、日本の癌患者の10%が医療被爆によるもの、というのも読んだことがあります。
    今はそういった大学病院には勤務してませんのでそういう現場には出ておりません。
    幸い、当方は福島よりかなり離れた地域で安心しておりましたが、近隣の自治体では瓦礫を燃やすそうです。日本全国
    被爆してしまいます。自分の子供が天寿を全うするのはかなわない夢でしょう。少々、勉強できなくても、もう、叱ることもやめてしまいました。せめて自分で考えて行動するよう、そう、子供に言って聞かせるのが精一杯です。

  9. みちる より:

    >ファニーさん
    入院は子宮筋腫の手術でしたか。
    かくいうわたくしも持っていますけど、全くきにしておりませぬ
    札幌市の方で「乳がんと子宮がん」の定期検査を格安でやってくれる(偶数月だと診察無料)ので、隔年で受けてるんですけど、毎回ひっかかってますよ、わたし(笑)
    なんか、あれは「4人に一人」は出来るもので、悪性でなければ心配ないって毎回面談したお医者様に言われます。
    原因はいろいろあるそうですが、思春期とか生理痛が酷い人とかは、そうなる確立が高いとか。
    筋腫と言っても、あれはもともと子宮の「壁」ですから誰にでもあるんだよ~とか言われて、は~そうなんだ、と。
    まあ、年を取るとだんだん萎縮していくので、特に手術の心配もいらないって、私の場合は言われましたけど、放射能はあんまり関係ない気がしますぞ。
    私の知り合いは、「子供を産まない人はちょっと気にした方がいい」と言ってました。
    やっぱりね、使う準備だけしてそれを使わないということを繰り返していると、それが原因で筋腫になることもあるんだと言っておりました。女性ホルモンとの関係なのかな。
    とにかく、まあ取れるものならば、ないほうがスッキリしますよね。
    その後、お体は元気になられましたか?
    ところで・・・・みなさん、札幌に来て、いい病院にめぐり合えてますか?
    これ、大事なことだと思うんで、情報を出し合ってみるのもいいかもですね。

  10. kurahasi より:

    >罪深いものであった
    そんなことないです
    専門家の方が言うことを、素人の私が即否定するのも変な話ですが
    罪深いモノでなんかないです
    まず今回の記事のはアルファ線の挙動に絞った記事なんで
    バリウム検査で使うX線のよーな電磁放射線と
    アルファ線のような粒子放射線では安全度に結構な差があるかと思います
    実際にそういった検査によって発症する確率が一定程度あるようですが
    それ以上に、検査をしないことによる弊害もまた大きなものです
    このへんは確定情報ないのでさておくとして
    大体、健康な患者さんに無意味に検査を強いたとかじゃないですよね?
    ガンであることがわかっていたり、あるいはその可能性が高い方に対して
    更に詳細な検査をすることが悪いことであるわけないです
    というかですね、そもそも検査に対して患者は同意してる筈です
    医師と患者の意思の合致によって行われた治療行為の一環の筈ですよね?
    検査を故意にミスって不要な被曝を強いたとか
    そういったことをしてないのであれば、その行動を恥じる必要は一切ないと思います
    私は素人ですし、細かいことなんかサッパリわかりませんが
    あなたの過去の行為を肯定します
    偉そうなこと言いますが、もう一度書きます
    罪深いものであったなどと思う必要はないです
    続く

  11. kurahasi より:

    続き
    それでもどうしても気になるのであれば、こう考えてみてはいかがでしょう
    今までいろんな人に対して被曝を増やしてしまったんですから
    コレからはその被曝を減らしてあげればいいんですよ
    極端な例では、農家になって安全な食材を流通させてみるとか
    そしたら、汚染食材食べさせられる人の数を幾らか減らすことが出来ますよね?
    そこまで極端でなくとも、家庭菜園でなんか作って近所に配るとか
    もっと単純に言えば、今回のこの書き込みを見た他の読者さんが
    危険な場所から安全な場所に移住しようと思う意思に、ほんの少しでも一押し出来たとすれば
    この書き込みですら、誰かの被曝を減らすコトに貢献出来た、とは思えませんか?
    それはさておき
    お子さんの今後について
    教育方針はいろいろありますけど
    自分でモノ考えられるよーな子に育って欲しいと思うのは私も同意です
    天寿云々ですが、比較的安全な食材を選んで与えてあげればよいだけかと
    お子さんがある程度大きくなって、自分で判断出来るようになったら
    その、自分での判断の元となる知識を与えてあげればよいかと思いますよ
    それこそ、専門職だったワケですから
    一般の方よりも、そういった知識を与えやすいかと思います
    そしてお子さんが大きくなって
    私みたいに、っていうのも何ですけど
    お子さんが友達と外食する時とかに、危険な食材とかについて友人に助言出来るような子に育ったとすれば
    前述のように、誰かの被曝を減らすコトの一環にもなるでしょう
    過去は過去です
    その過去を活かして、より良い未来の為に
    少しづつ、各々が出来る小さいコトを
    一緒にがんばって行きましょうぞ~

  12. kurahasi より:

    >りんかさん
    あー、時々ですがマスクする理由なんですけど
    別に放射性物質云々を考えてるっつーより
    ずっとマスク生活+観光で綺麗な空気吸いまくった結果
    喉が贅沢になったとゆーか
    なんか空気汚いと喉がイガイガするよーになったとゆーのが理由なんです
    排気ガスとか吸いたくないぉ@w@
    掃除は濡れた紙での拭き掃除っつーか
    100円のクイックルワイパー的なアレおすすめ
    楽だし効果抜群デス
    >みちるさん
    こっち来てからまだ一度も病院いってないからサッパリだ!
    他の方でなんかオススメ病院あったら私にも教えてたもれ~

  13. ファニー より:

    みちるさん、ありがとうございます。もうすっかり大丈夫です。
    最近、どちらも短期間ですが、夫がJR病院、私がNTT病院に入院しました。どちらもとてもよかったですよ〜。NTT病院は担当医はとてもよかったのですが、JR病院の方が色々細かい気遣いをしてくれるという点では良かったですね。ちなみに暑かったのはNTT病院です。サウナ状態です(笑)。
    病院ではありませんが、カイロプラクティックだったら稲積公園駅近くの「かまた治療院」がお勧めです。とても良い先生です。今日もちょうど行く所です。マルヤ○クラス内のカイロクリニックにだけは絶対に行かないで下さい!!素人が治療していて酷い目に遭いました。

  14. ikeda jin より:

    チェルノブイリの野生動物は事故後の放射能の影響を「受けていなかった」調査結果が英国の王立協会の学会誌で発表される
    「福島の放射能も野生動物の抗酸化防御システムに悪影響は与えていないだろう」: 英国ポーツマス大学 ジム・スミス教授(国際原子力機関チェルノブイリ・フォーラム元委員)

  15. ikeda jin より:

    チェルノブイリの野生動物は事故後の放射能の影響を「受けていなかった」調査結果が英国の王立協会の学会誌で発表される
    「福島の放射能も野生動物の抗酸化防御システムに悪影響は与えていないだろう」: 英国ポーツマス大学 ジム・スミス教授(国際原子力機関チェルノブイリ・フォーラム元委員)
    また、近藤宗平博士や服部禎男博士はマウスの低線量被爆実験のデータで全く問題が無いと言われてます。
    服部博士は「本当のことを言って生きて帰れるか」と元中野学校の権威ある方から言われたそうですが、アメリカの学会で発表し大変な賞賛を得ました。

  16. kurahasi より:

    その調査結果のデータか
    もしくはその論文へのリンクとか貼り付けてくだされ
    その上で検証させていただきますので@w@