節電用の照明器具に交換してみました

今まで使ってた照明器具はパナソニックさんのヤツで、
調光機能が一応ついてる子だったのです。
なのですが、LEDが進歩しつつある世の中ですし、もっといいのないか探してみました。

IMG_0120

最初は中の電球とゆーか、この輪っかだけ取り替えようと思ったんですが、
なんか専用のモノっぽいんですよねコレ。
それに二本セットでくっついちゃってるし、この際買い換えることにしました。

一応この子も消費電力62Wで、購入当時は省電力系の方ではありました。
実際今どんなもんなのかを見に、近所の電気屋(ヤマダ電機)へGO。

IMG_0126

あー、いろいろあるねー。
見てみると40W弱くらいの子がわさわさ居ます。

30型の蛍光管(輪っかのヤツ)ってそのまま30Wなのですよ。
だけどアレだけだと若干暗めです。
ルーメンでゆーと2000くらい。

なのでワット数で30W未満で、ルーメンで3000くらいの子をうろうろチェック。
最終的にこの子を選びました。
NECのHLDZA0649とゆー機種です。

6000円程、31W、3300ルーメンです。
調光機能つきで、大体半分くらいの明るさで使ってます。

IMG_0127

中身こんな感じ。
蛍光灯入ってないタイプです。
ちっちゃいLEDがわしゃわしゃ入ってます。

IMG_0128

見えるかな?こんな感じ。
小さいのが沢山入ってるので、1個や2個電球切れても大丈夫そうです。
そもそもLED電球は蛍光灯より寿命めちゃくちゃ長いですしね。

んで、なんでこんなに省電力系狙ってるかっつーと、
電気代って段階性で、使えば使うほどに値段が上がります。
月間120KW超えると電気代の単価が上がるんですよね。

なるべくソレ未満に抑えたいのですよねー。
新居は前より天井低いので、その分も結構変わると思うけど結果どうなることやら。
次回の電気代請求がちょっと楽しみです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。